関節痛の原因と治療 指、膝、肩の関節痛対策・薬について

関節痛と関節の変形について説明しています

関節痛基礎知識1

関節痛基礎知識2

関節炎と関節の変形

自己判断で大した事がないからと関節の痛みや腫れを放置すると、関節痛で関節が変形する事があります。関節の痛みから歩きにくくなったり、場合によっては関節の手術をし人工関節になってしまう可能性もあります。関節炎は高齢者の方に多く見られ、加齢による関節の変化はある程度は仕方がないと言えますが、痛みの感じ方や出方には個人差があるので、変形により必ず痛みが出てくるとは限らないようです。変形性関節症は生活習慣を見直すことで多少の予防が可能です。食生活の見直し、定期的な運動を生活習慣の取り込むなどすると良いでしょう。感染症による関節炎の場合は、その後にも関わってきますので早急な治療が必要です。炎症から関節が化膿してしまう事で化膿性関節炎を発症します。この場合、関節の軟骨が細菌の影響で組織が崩れ、脆くなり破壊されていきます。骨自体も壊死を起こすことがあり、ひどくなる前に薬物治療などでの早めの治療ががとても重要になります。関節炎にはリウマチに起因する事もあります。関節リウマチになると関節が腫れてまがってしまうなどの変形が起こります。骨が変形してしまうまでになると治療に加えリハビリが必要になり、重度になると整形外科的な治療と併行して自分で努力して回復させていく事になります。

関節痛の原因と治療 コラム

Copyright 2008-2013 関節痛の原因と治療 指、膝、肩の関節痛対策・薬について All Rights Reserved.