関節痛の原因と治療 指、膝、肩の関節痛対策・薬について

ケガによる関節痛や関節炎について説明しています

関節痛基礎知識1

関節痛基礎知識2

ケガによる関節痛

関節痛はお年寄りの病気と思われがちですが、若い方でも怪我をすると起こりうる病気です。転倒による出血から細菌に感染し関節炎になる場合や、スポーツをやっている時にスポーツ外傷を起こし股関節炎膝関節炎などを起こす場合もあります。怪我をすると皮膚を損傷しそこからウイルスが血管に入り、血流を通じて関節に入った細菌が増殖し痛みや腫れ、ひどい場合には発熱を起こします。患部が肘や膝などの関節に怪我をするとと関節炎になる確立が高いので、化膿性関節炎のなどの予防に医師から抗生物質を出される場合も多いです。痛みなどから怪我をかばい無理な体勢で過ごしてしまう方も多いようです。無理な体勢は余計に関節を痛めてしまいます。怪我をした時は、無理な体勢を避けて杖やサポーターなどを上手に使い、なるべく正しい姿勢で生活する事が回復を早める方法でしょう。スポーツによる関節炎は、股関節炎、関節鼠(関節遊離体)などが有名です。関節炎になっているのにも関わらず自己判断で軽い捻挫だと勘違いしたり、体調不良などと自己判断してしまう事は恐い事です。痛みが長期間続き、動きにくいと思ったら早めに医師の診察を受けましょう。怪我が原因の関節炎でしたら適切な対処で早期改善に繋がります。

関節痛の原因と治療 コラム

Copyright 2008-2013 関節痛の原因と治療 指、膝、肩の関節痛対策・薬について All Rights Reserved.