関節痛の原因と治療 指、膝、肩の関節痛対策・薬について

顎関節症の原因や症状、手術、マウスピースやスプリントなどの治療について説明しています

顎関節症

顎関節症は、下顎窩と下顎頭を結んでいる関節の関節円板が損傷することで起こる病気です。物を食べたり、会話をしたりするときに顎関節には強い力が加わります。この力を分散して、クッションの役割をするのが関節円板です。関節円板が損傷する原因は、片噛みや虫歯、歯の治療による噛み合わせの悪さなどがあげられますが、最近では、ストレスによる顎の緊張で顎関節に負担がかかることで顎関節症になるケースもみられます。その他にも、あくびや顎の脱臼がきっかけとなり顎関節症になることもあります。

顎関節症の症状は、顎関節の動きがスムーズにいかないため、口の開け閉めがうまくいかなかったり、顎を動かすとゴリゴリ、ガリガリ、ガツガツ、ゴツゴツといった異音がしたり、頭痛や耳鳴り、めまいがします。症状が悪化してくると口の開け閉めで痛みを伴うようになります。

顎関節症の治療

顎関節症の治療は原因となっている状態を正常に戻すことが中心になります。噛み合せを正しくするため、マウスピースを使用したスプリント療法や矯正を行います。顎関節症が進行して顎がずれている場合は、ステロイド剤を注入したり、関節円盤を正常な位置に戻すマニピュレーションが行われます。関節円板の損傷が激しい場合は、外科的手術により、関節円板の切除、下顎骨や上顎骨を切る手術が行われます。

関節痛解消商品

Copyright 2008-2013 関節痛の原因と治療 指、膝、肩の関節痛対策・薬について All Rights Reserved.